【大切な歯を一生残すために駆使する“匠の技“】

歯科医療を取り巻く医療技術は、数年前とは比較にならないほど進化しています
当院では、そのような最新医療機器を駆使した高度先端治療を積極的に行っています。

匠の技その1:マイクロスコープ(医療用顕微鏡による拡大)

 

『肉眼だけの治療の限界をご存知ですか?』

肉眼だけに頼った治療の場合、虫歯の原因となるミクロン単位の汚れを見落としてしまうことがあります。レントゲン等を使用したとしても、ドクターの経験を頼りに手探りで治療を行わざるを得ない場合も少なくありません。

『日本ではまだ導入率3%程度の希少な技術』

技術が進歩していなかった従来であれば「見えないから仕方ない」で片付いていたものが見えるようになったとしたら。当クリニックでは肉眼では見えない部分を約20倍まで拡大して確認することで、汚れの見逃し、取り残しを極限まで減らします。「このような機器により治療した場所がまた虫歯になる」といった可能性をできる限り減らすことができます。

匠の技その2:ダイアグノデント(光学レーザーによる虫歯検知機)

『痛い歯だけでなく、痛くない歯の虫歯も見逃しません』

歯と歯の間などの直視しにくい虫歯や、レントゲンでは確認できない程の初期の虫歯を発見することは非常に困難です。当クリニックではそのような発見しにくい虫歯を検知する最新機器を取り入れ、患者様だけでなく歯科医すら気づくことが難しかった虫歯を初期の段階で発見します。

私のみならずこの機器を導入した多くの歯科医師の方々が口をそろえて、「今までの診断よりもさらに虫歯の見落としを防ぐことができ早期発見につなげることができた」と言っています。

【より正確に虫歯を診断】

【レーザー光で検知】

歯の表面にレーザー光を照射することで起こる反射を活かし、隠れた虫歯や直視しにくい部分の虫歯を検出し、その状態を数値化します。最大2mmの深さまで診断することができます。全く痛みはありません。

【歯を傷つけない、やさしい診査方法です】

探針の触診時に起こりがちな歯質へのダメージを与える心配なく診査できます。探針による触診では、しずくの形状の虫歯を見つけるのが困難です。

匠の技その3:ピエゾサージェリー(“骨だけ”を削る安全な治療機器)

『ドリルのみを使用したインプラント手術の負担・腫れを軽減します』

ドリルのみを使用して骨を削っていた従来のインプラント手術では、どうしても神経や血管などの軟組織を傷つけるリスクがありました。当クリニックでは、三次元超音波振動という「“骨だけ”を削る」技術を使用することで、仮に軟組織に触れても傷つけることない安全な手術を行っています

また、従来と比較して、削る骨を最小限に抑えることができます。これにより骨が薄くインプラント手術を諦めていた患者様も、治療を受けられる可能性が出てきました。

『矯正は年単位の長い期間が必要だと思い込んでいませんか?』

従来歯科矯正は年単位の治療期間を覚悟する必要がありました。しかしこの技術を使用することで大幅な期間の短縮が可能となりました。骨に切れ目を入れ、歯の移動スピードを上げることにより、個人差はありますが3~4割程度の短縮が可能です。

※上記の医療機器は、ドクターの判断により必要に応じて使用致します