当院では、歯の健康のみならず全身の健康までを考慮した歯科矯正治療を行っております。

歯並びや噛み合わせが悪いと、どのような影響があるでしょうか?

虫歯や歯周病にかかりやすい
歯並びが悪いときれいに歯磨きをすることが難しいため、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。歯周病は、細菌によって歯や顎の骨が溶けてしまう病気ですが、糖尿病や心臓病、肺炎など、さまざまな病気との関連性が指摘されています。

口呼吸を引き起こす
鼻呼吸ができていると、鼻の中で細菌やアレルゲンが除去され、適度な温度・湿度に調整された空気を吸い込むことができます。しかし、口呼吸ではこうした仕組みが働かないので、風邪をひきやすくなったり、アレルギーを誘発したりします。

発音がはっきりしない
歯並びによっては、正しい舌の動きができなくなるため、聞き取りにくい発音になったりすることがあります。

全身の健康問題の原因になる
歯並びや噛み合わせが悪いとうまく噛むことが出来ず、胃腸障害の原因となることがあります。それだけではなく、肥満、顎関節症、眼精疲労や近視などさまざまな症状を引き起こします。

歯並びや噛み合わせが悪いことの影響は、見た目の問題にとどまりません。美しい歯並びや正しい噛み合わせは、全身の健康を保つために、とても有効なのです。

★小児矯正について
大人の歯(永久歯)が生え揃っていない12歳頃までのお子様の場合、大人とは治療法が異なってきます。顎の成長や歯の生え方をコントロールしながら、理想的な歯並びに近づけていくことができるためです。矯正を始めるタイミングにもよりますが、一般的には、固定式の装置を使わないためお子様の負担が少ない、費用が比較的少なくて済む、顎の成長を利用するので歯の位置が元に戻りづらいなどのメリットがあります。お子様の歯並びが気になったら、まずはご相談ください。

★いろいろな矯正方法

●一般的な矯正 (ワイヤー矯正)

TDC_kyousei_001

歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最も一般的な矯正法です。近年、プラスチックやセラミックなど、透明や白色の装置も開発されており、あまり目立たずに矯正をすることが可能となっています。

●見えない矯正(舌側矯正)

TDC_kyousei_002
一般的な矯正では歯の唇側に装置を取り付けますが、見えない矯正法では舌側に取り付けますので他人からは矯正をしていると気付かれにくいという利点があります。一方で、違和感が強く、矯正期間が長くなる傾向にある治療法です。

●はずせる矯正(マウスピース矯正)

TDC_kyousei_003

    透明な樹脂や金属で出来た取り外しのできる矯正装置を、時間を決めて装着する方法です。目安としては1日に20時間以上の装着が必要ですが、食事や歯磨きの際に取り外すことが可能です。比較的簡単な矯正治療を必要とする方に向いています。

 

★治療の流れ

ステップ1; カウンセリング
歯並びに関する悩みや、矯正歯科治療に関する疑問点、ご希望などについてお話をうかがいます。その上で、お口の中を拝見し、現在の歯並びに関する問題点についてご説明いたします。その後、矯正歯科治療の流れや仕組み、治療方法、治療期間、治療費などについてもわかりやすくご説明しております。わからないことがあれば何でも遠慮なくお聞きください。

※このカウンセリングの際に、矯正歯科治療を始めるかどうかを決定していただく必要はありません。

ステップ2; 検査
診断と治療計画を立案するために必要なレントゲン写真、顔面および口腔内の写真、歯型の採取、咬合の診査、虫歯および歯周組織の検査、問診などをおこないます。患者様の状況に応じて、一般歯科のドクターも状態をチェックします。

ステップ3診断(検査結果と治療計画のご説明)
検査の結果を詳細に分析し、患者様にとって最善の治療計画をご提案します。患者様に安心して治療を受けていただけるよう、ここでも必要に応じて一般歯科治療のドクターと共にご納得いただけるまで丁寧にご説明いたします。

ご安心ください。治療は十分にご検討いただいた上でスタートします

カウンセリングを受けて頂いたからといって、すぐに矯正歯科治療を始めるかどうかを決定していただく必要はありません。ご自宅等でゆっくり考えていただき、十分にご納得いただいてからスタートします。まずはお気軽にご相談ください。

★患者さまからよくあるご質問

Q.大人になると矯正治療ができないと聞いたことがあります。
A.矯正治療は成人された大人の方でも可能です。小さなお子さまの方が大人と比較して歯が動きやすいことは事実ですが、最近では大人になってから矯正治療を始められる方が増えてきています。

Q.一部の歯並びを治したい場合でも、全ての歯を矯正しないといけないのですか?
A.部分矯正という方法があります。症状の重さやあごのスペース等により、受けられない方もいらっしゃいますが、一部の歯への治療で歯並びを矯正できる場合も多いです。また部分矯正のメリットとして、全ての歯の矯正と比較して費用が大幅に安く済み、器具の装着期間も短縮することが可能です。