「初めに行った歯医者さんでは、歯を抜いたほうがいいと言われたけれども ・・・・・
・・・・・ 次に行った歯医者さんでは、歯を抜かずに済んだ、という話を耳にしませんか?

” 健康な歯をできる限り残すことにこだわる”

これが私の求める理想の歯医者さんです。安易に抜歯することは、決して患者さん本意の治療ではありません。あらゆる手段を尽くして、なんとか頑張って残そうとして、それでも駄目ならば・・・という順番を、我々歯科医師は忘れてはいけないと思っています。もしも、その治療技術がないことを理由に安易に患者さんの歯を抜き、インプラント治療を行っているとするならば、それは本来のあるべき歯科医師像ではないと考えます。歯を抜くことやインプラント治療とは、歯を残す技術があってこその治療法だと思っています。

私は、歯科医師の免許取得後、勤務医として世田谷区の大手医療法人で約10年を過ごしました。勤務後、早い段階から歯科治療の中でも比較的高度な技術を要するインプラント治療や矯正など、大変貴重な治療経験を積んで参りました。10年前はインプラント治療が爆発的に普及したタイミングでもあり、実は、私もその流れに乗っていた歯科医師の一人でした。そんなある日、私は、ある歯科専門誌の記事から大きな衝撃を受けました。それは・・・

インプラント治療が必要だと判断する前に、患者さんの歯を残すために
全身全霊のベストを尽くしていますか?

あなたには、本当にその歯を残す治療技術がないのですか?

と書かれた記事でした。私は他のクリニックでは残せる歯が、自分のクリニックにきた患者さんが抜歯になってしまうことは絶対にあってはならない。そのような歯科医師に絶対になってはいけない、と強く思いました。そして、その治療技術が私にあるかどうか自問自答を繰り返しました。正直に申し上げますと、残念ながら当時の私には、その問いに対して、自信を持って首を縦に振ることはできませんでした。・・・その日以来、私の治療スタンスは大きく変わっていったのです。

setsumei

現在の私は、歯を抜かずに済む高度な治療技術の追求のために日々、自己研鑚を積んでいます。そして、その想いが、『健康な歯をできる限り残すことにこだわった治療』、という現在の匠デンタルクリニックの診療理念となっています。歯を残す治療には、単に治療技術や経験や知識だけでは十分ではありません。実はそれを支えるために、診療設備や治療環境が、とても大切なのです。

 

そのため匠デンタルでは、日本でも一部の歯科医院にしか導入されていない、最新の診療機器を積極的に導入しております。歯を残すためには具体的に、以下の2つのことが重要となります。

①マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)による診断と治療
  今まで見えなかった小さな虫歯や亀裂が見えるようになり、的確な診査診断が可能となります。

micro

②専門的な知識と技術
  ・精密根管治療/歯根端切除術/MTAセメントによる破折部の修復
・エクストリュージョン(歯を矯正的に引っ張りたすこと)
・クラウンレングスニング(歯冠長延長術)/MI治療

TDC_micro

 当然、歯を残すためには肉眼では見えないスケールでの高度な治療が必要となります。しかし、最も重要な診療機器となるマイクロスコープは、非常に高額なだけではなく、使いこなすには熟練した技術が必要となるため、主に、一部の大学病院などにしか置いていないのが現状です。他院で歯を抜いたほうが良いと診断をされた患者様の中で、やはり可能な限り歯を残したい、という強い想いのある患者さまは、環境の整った当院にお越しください。

yoyaku_banner